コラム

ウェブフォント

当サイトでもタイトルやアイコンなどでも使用しておりますが、ホームページ上で使用できるフォント(書体)が色々あります。

以前はこのようなことは難しかったのですが現在では簡単に導入でき、個性を出す1つの方法といってもいいかもしれません。

明朝体

さあ、きいていらっしゃい。はじめますよ。このお話をおしまいまできくと、だんだんなにかがはっきりしてきて、つまり、それがわるい魔法使(まほうつかい)のお話であったことがわかるのです。

丸ゴシック体

さあ、きいていらっしゃい。はじめますよ。このお話をおしまいまできくと、だんだんなにかがはっきりしてきて、つまり、それがわるい魔法使(まほうつかい)のお話であったことがわかるのです。

じゆうちょうフォント

さあ、きいていらっしゃい。はじめますよ。このお話をおしまいまできくと、だんだんなにかがはっきりしてきて、つまり、それがわるい魔法使(まほうつかい)のお話であったことがわかるのです。

にゃしぃフォント

さあ、きいていらっしゃい。はじめますよ。このお話をおしまいまできくと、だんだんなにかがはっきりしてきて、つまり、それがわるい魔法使(まほうつかい)のお話であったことがわかるのです。

ほのか丸ゴシック

さあ、きいていらっしゃい。はじめますよ。このお話をおしまいまできくと、だんだんなにかがはっきりしてきて、つまり、それがわるい魔法使(まほうつかい)のお話であったことがわかるのです。


まだ色々とあるようです。欧文は日本語よりたくさん書体はあります。

Windows10未満でご覧の方は、あまり綺麗に表示されないかもしれません。(多少の処置はしてあります)またIE9以下はウェブフォントには対応していないようです。

ウェブフォントは表示に若干時間がかかるのがデメリットと言えます。

サンプルの文章=雪の女王/ハンス・クリスティアン・アンデルセン

記事タイトル

正しい書式でYahooやGoogleと相性のいいホームページを制作します
  • 1SEOを充実させ集客を増やす
  • 会社やお店のPRをする
  • ネットショップ(ECサイト)の開業
  • ご自身で更新